×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

総社市地方公務員職員の採用−公務員試験

県庁や総社市役所などの自治体・総社市警察署や総社市消防署など総社市地方公的機関で就職地方公務員

総社市地方公務員職員の採用−公務員試験

総社市地方公務員初級講座

いますぐ無料資料請求→公務員資格無料請求

◆◇総社市地方公務員初級試験内容◇◆

警察官

採用後警察学校に入校し、警察学校卒業後は各地域の警察署に配属となり、交番勤務につくのが原則です。この交番体験の中で各自の希望や適性が考慮され、刑事・交通・生活安全・警備などの専門分野の仕事につくのが一般的です。また各自の適性や希望に応じて、白バイ、刑事、交通などの専門分野に進むこともできます。 女性警察官の場合は交通指導取締り、交通安全教育、広報活動、防犯指導、家出人や迷子の保護、少年歩道、女子の留置管理、犯罪捜査になど、女性に適した仕事に任用されることも多いです。

消防官

採用後は消防学校に入校し、そこで9〜12ヶ月の研修を受けます。消防学校卒業後は各消防署に配属となり、119番を受け出場指令や現場の情報を伝達する指令業務、火災の消火、人名救助活動、傷病者への救助活動、地震等の災害に対する防災活動などを行います。また、特別救助隊や水難・山岳救助隊、航空隊、救急救命士などのさまざまな分野に進むこともできます

総社市一般(行政)事務

庶務、経理、企画・立案、調査、検査、指導等の一般行政事務に携わり、さまざまな職場に広く配属されます。総社市市町村の事務職については、戸籍や住民票などの届出関係、公園や道路の建設・管理、市民ホールや図書館といった総社市施設の運営などと総社市住民との密着度が強い内容となっています。

学校事務

総社市公立学校で歳入・歳出、調査統計、総社市施設の維持管理、公有財産の管理、教職員の給与、旅費、福利厚生、図書館事務など総社市学校の運営全般にあたる事務を行います。

警察事務

警視庁や各都道府県の警察本部や総社市警察署内で、給与業務、備品・施設の管理、会計等の事務、運転免許証に関わる事務などを行っています。

土木職

都道府県の場合では、本庁の総務、企画、土木、など各部門、出先機関では土木事務所や港湾事務所などに勤務となる。業務内容は、公共事業の企画立案から工法の検討や実施計画、工事の実施、検査などがある。また、空港、港湾、道路、河川都市設計、下水道、福祉施設、公園などの整備等も行っている。

建築職

建設部、建築と支部、住宅都市部といった部局や出先機関に配属となり、公共施設の設計・管理、公共建設物の効率的整備、建築物の構造や用途の審査などを行っています。

農業職

農政課、農業振興課、生産流通課や出先機関では農林事務所、農業試験場、農業改良センターなどに配属となり、農業の担い手の確保・育成や特色ある産地づくり、農産物の販売促進、新品種の開発・普及などを行っています。

総社市地方公務員への近道

いますぐ無料資料請求→公務員予備校 EYE

◆◇地方公務員職員の採用総社市◇◆

地方公共団体が職員を採用する場合、それぞれの地方公共団体ごとに競争試験を行います。一般的に区分は上級(大卒程度)、中級(短大卒程度)、初級(高卒程度)に分かれる。区分は地方公共団体により異なり、学歴制限が設けられていることもあります。人事委員会が置かれる地方公共団体については人事委員会が、人事委員会を置かない地方公共団体については任命権者が競争試験を行います。人事委員会を置く地方公共団体における競争試験による職員の任用については、試験ごとに任用候補者名簿(採用候補者名簿・昇任者候補者名簿)を作成します。任用候補者名簿には、採用試験又は昇任試験において合格点以上を得た者の氏名及び得点がその得点順に記載されて任用候補者名簿は、人事委員会の議決により確定し、その後は、原則として、いかなる変更又は訂正も行うことはできません。

人事委員会は、作成した任用候補者名簿のうちから任命権者に採用すべき者1人につき高点順の志望者5名を提示し、任命権者はこの中から所要の職員を採用します。

◆◇公務員の種類◇◆

国家公務員

国家T、U種:国家公務員は、人事院により採用試験を実施。主に各省庁(局)に勤務する職員のこと。代表的なものが国家T種、U種。それぞれ事務系と技術系の採用がある。

国家T種:高級官僚(キャリア)と呼ばれ、各省庁の幹部候補生として採用される。

国家U種:中堅幹部職員として、地方の出先機関や国立研究所その他に勤務。第一線の行政、研究担当者を補佐。

その他の国家公務員:採用後の仕事内容がはっきりとしているスペシャリストとしての試験。人事院が試験を実施するものと各機関で実施するものがある。

例:国税専門官、法務教官、労働基準監督官、裁判所事務官、家庭裁判所調査官補、航空管制官、外務専門職、防衛庁職員など

地方公務員

地方上級、中級、市役所上級 都道府県、政令都市、市町村などに勤務する職員で、各自治体で採用される。募集職種は多種多様で、行政事務職、技術職、資格免許職(栄養士、保育士、保健師その他)などがある。

地方公務員:警察官、消防官 警察官は各都道府県の警察本部が、消防官は東京消防庁と各市の消防本部が採用試験を実施。それぞれスペシャリストとしての試験。

◆◇総社市公務員試験の特徴◇◆

「地方公務員採用試験」は、一次試験で、教養試験、専門試験、および作文試験が行なわれ、二次試験で、人物試験という適性検査、身体検査、面接などが行なわれます。試験の中心となるのは、一次試験の教養試験と専門試験であり、多肢選択問題形式のマークシート方式です。

教養知能試験は25問必須で、教養知識試験は30問中20問選択です。専門試験は、16科目から8科目(80問中40問)を選択して解答します。公務員試験の特徴は、勉強しなければならない科目が20科目前後と多いことです。

一般教養などはどの科目も1〜2問程度しか出題されず、総社市地方公務員試験に合格しようとすると、効率的に勉強する必要があります。試験の科目・科目数や試験の日程、参考書選び、予備校の活用頻度、勉強時間、面接について調べて、自分が設定した勉強期間で効率よく行うためには、まずは全体像を知り、計画をたてることが大切になります。計画も立てず勉強だけはじめてしまうと、結局時間の使い方がうまくいかず合格を困難にしてしまいます。


[PR]アルバイト求人 境港市|アルバイト求人 岩国市|ホームヘルパー求人 倉吉市|松江市 障害者派遣|呉市 地方公務員|下関市 地方公務員